投稿

次に向け、Twitter更新と全ての活動をお休みします。

こんばんは。 おとな研究所編集長のあきです。 久々の個人ブログ更新ですが、今日は報告があります。 第48回衆議院議員総選挙が19日に公示され、31日に投開票が行われます。僕個人も過去国政・地方の政党学生部に在籍していたこともあり、応援している候補者さんの事務所に入って選挙活動をお手伝いすることも検討していました。 また、僕が編集長を努めているウェブメディア・ おとな研究所 としても取材活動などを通して、主体的に衆院選に関わっていくつもりでした。 (実際、候補者さんのお一人には取材をさせていただいています!) 参考記事: 政治家インタビュー#5 れいわ新選組 候補予定者・北村イタルさん 一方で、夏頃から今にかけての政治・選挙や自分の周りの状況を見て、個人的にある種の「興ざめ」をしてしまっているのも事実です。 色んな事が日々刻々と動いていますが、本当に疲労困憊する嫌なことも周りで起きるし、それは政治の場も同じですね。 加えて、僕は今高3。自分自身の将来に向けて、とても大切な時期です。 様々な活動を通して得られることは確かにたくさんありますが、自分一人で向き合わなければいけないこともあります。 そこで、おとな研究所代表のユウさんともお話してご了解をいただき、 10月18日から11月30日まで 、 ・Twitterの更新 ・僕個人としての新規記事投稿やブログの更新 ・取材、企画の主催 ・すべての政治活動、選挙活動 をお休みしようと思います。 Twitterは動かさず、記事も書かず、取材も活動もすべて辞めます。 この間、自分自身の今までの活動を振り返るとともに、大学生に向けた学業への専念、そして次に向けた活動の準備をしていくつもりです。僕の記事を毎週読んでくださっていた方には申し訳ないのですが、ご理解いただけると嬉しいです。 また、いま既に準備中の企画などについては引き続き関わるとともに、編集部としてのお仕事は継続します。何か連絡等あればDMとかは見てるので、ぜひ送ってください。 日本の政治は今、岐路に立っていると思います。 そしてそれはおとな研究所も、僕自身もそうです。 この時間、決して無駄にすること無く有意義に過ごしていきます。 (12月1日に必ず戻ってくるので、フォローは外さないでいただけると嬉しいです汗) では、また。

れいわ新選組若者勝手連のかもめんさんにバッタリ会った。

イメージ
  こんばんは! あきです。( おとな研究所 編集長) 久しぶりのブログ更新ですが、ちょっとびっくりしたコトがあったので記事書こうと思います。 ◇ 政治界隈で色んな活動をするようになってから、仲良くさせていただいている方も結構支持政党跨いでいるのですが、 かもめんさん という方がいます。 そこそこフォロワーさんも多いのでご存知の方もいるかも知れません。 国政政党「れいわ新選組」を応援する若者の団体「れいわ新選組若者勝手連」の代表を務めている方です。 実は今日の夕方、とある駅をブラブラしていたら、なんと街宣活動中の若者連さん・かもめんさんとバッタリ!笑 この駅、地元の政治家さん以外で街宣しているのほとんど見たことないので、二重で驚きでした。 かれこれ20分くらいお話聞かせて頂きましたが、 道行く人にお話聞いてもらうって、やっぱり大変だなあと。 しかも1時間2時間と話し続けるのもだいぶ大変。 僕も結構ビラ配りさせていただいたことがあるのですが、10分くらい全く振り向いてもらえないだけで結構しんどいんですよね、 なのに、立ち止まって話聞いていても理解できるくらい、ずっと話し続けられていたのがシンプルに凄いなあと思いました。やっぱり経験がモノを言う分野なんですよね、政治活動って。 僕も数日前までとある政党の支持者だったわけなんですが、 「他党支持者と仲良くすること」を白い目で観る人もいるわけですよ。 ただかもめんさんの場合は、むしろ政治活動以外の場で交流することが多かったです。笑 ↓これは今年の冬におとな研究所の企画で、対談させていただいた時。 その時のブログ→ 【おとな研イベント】違いを越えて共有できるものを見つけたいよね、という話。 この時も今見返すと、めちゃくちゃいろんな話してますね。ほんと笑 実はおとな研究所が組織としてスタートした2020年3月10日に出た記事は、れいわ新選組若者勝手連さんへの取材記事でした。 若者を魅了する”れいわ”とは|おとな研究所   (書いたのはおちゃさん) 以降、おとな研から出る記事に賛否様々の反応(?)を頂くなど、割と縁が深いのだと勝手に思い込んでます。 今日も少しだけお話させていただいたのですが、 やはり若者が政治に関わろうと思うと、色々難しい壁とぶつかるのが現実。 ここ1週間くらいの出来事で、僕もそれを実感しています。 そんな中で

【LGBT】「多様性を認めない自民党には投票しない!」と平気で叫ぶ立憲民主党の壮大な勘違い

イメージ
おはようございます! Akiです。( おとな研究所 編集長 ) まあ呆れるようなことばかりの世の中ですが、 ここまで呆れるのも珍しいですね。 立憲民主党 についてです。 ◇ まず大前提①。 僕自身は バイセクシャル(両性愛者) です。 女性の方とお付き合いしたことも男性の方とお付き合いしたこともあります。いわゆる「当事者」ってやつですね。 なのでこの問題… LGBT理解増進法案 については結構早い段階から注目していました。 ◇ 大前提②。ココ最近の「LGBT法案と国会」を超簡単にまとめます。 そもそもこの「理解増進法案」、与党である自由民主党の案だったのですが、野党は「 差別禁止法案 」を提出していたんですね。この2つの簡単な違いは 「差別の禁止」を明記しているかどうか だった。 で、 最終的には自民党案の方(理解増進法案ですね)に、「 性的指向及び性自認を理由とする差別は許されない 」という文言を明記することで超党派議連が合意。 今国会で提出を目指していたのですが… 御存知の通り、 自民党は党内保守派に忖度して提出を見送り 。色んな人が怒りの声を上げているわけです。 かく言う僕も結構本気で怒っていました。 日本がどこまでも遅れていくのを目の当たりにしながら、何も出来ないのが悔しい。 自民党が与党であることは、この国にとって最大の不幸だよ。 自民、LGBT法案の提出断念 今国会で日程確保できず:朝日新聞デジタル https://t.co/Lq2vP3mV2L — Aki-あき │ おとな研究所編集長 (@aki_newparty) May 28, 2021 「 自民党が与党であることはこの国にとって最大の不幸 」と書きましたが、 やはり自民党の中にも良心はいます。 このセクシャルマイノリティに関する問題に長年取り組んでくださっていた代表格の議員が 稲田朋美 さん。 「 私はまだ諦めていない 」と声を上げてくださいました。 全党合意のLGBT理解増進法案の内容は自民党で了承された。 総務会では、内閣委員会で審議するのが日程上難しいとして、三役預かりになったが、私はまだ諦めていない。 国会はまだ、2週間以上ある。 与野党で審議し、今国会で成立させたい。 pic.twitter.com/rqeso5o2kB — 稲田朋美 (@dento_to_souzo) May 2

【意見】「〇〇党支持者」がおかしいんじゃなくて、あなたが会ったおかしい人が「〇〇党支持者」だっただけだよ。

イメージ
おはようございます。 Akiです。( おとな研究所 編集長 ) 超久々のゆっくりできる休日。 にもかかわらず若干気分が憂鬱なんですよ。。 話は昨日・土曜日に遡ります。学校が終わり、 とあるやらかしで先生に居残りを命じられたものの さほど怒られずにすぐに開放され、喜びのあまり Aki少年は友達と一緒に意気揚々と帰宅しました。 ロッカーにスマートフォンがあるのを完全に忘れて…(泣) というわけで、 土日スマホ無し生活 真っ最中です。 PCにずっと向かってるのもなんなので、部屋の片付けとかして過ごすつもりです。笑 ◇ 超絶プライベートな話はともかく、今日はちょっと真面目な話。 Twitter上で、とある政党の支持者さんが 〇〇党党首の著作を貸してください!!   責任を持って焼却処分します!! という内容のツイートをしていたのですが、本ではなくツイートの方が炎上していました。 ツイート内容については下品極まりなく大変危険なものだと考えています。 既に当該ツイートは削除され謝罪されているようなのですが、当然ながら批判は続きます。 ツイート主さんの支持政党を揶揄して、「やっぱり◇◇党の支持者は危険な人たちだよね」みたいなのが観測されるわけです。 いやいやいや あなたが発見したのがたまたま おかしい人だっただけだから と思うわけですね。だってそうでしょ。 そりゃ自分の支持政党と小選挙区でバチバチやる政党だったら、好ましくないのは当然。 ライバル政党ってことですからね。 だけど、たまたま自分がおかしい人を見つけて、そしてたまたまその人が支持政党のライバルだったからって、 「◇◇党の支持者は危険なんだー!!」ってのはあまりに偏狭です。 わけわからん破茶滅茶なこと言ってる支持者が1人でもいると、その政党の支持者全体が悪く言われるんだよなあ。 おかしいやつはどこにでもいて、それがたまたまその政党支持者だっただけなのにね。 — Aki-あき │ おとな研究所編集長 (@aki_newparty) May 29, 2021 ◇ とは言え、政治界隈っていうのは毎日のようにあちこちでボヤが観測される危険な世界。 リアルの知り合いやフォロワーでも、いつ何時どういう話題で暴発してしまうかはわからない部分もあります。 特に自分の支持している政党や政治家、政策やイデオロギーを批判されたら、誰しも感

【緊急事態宣言】延長で高校生は部活も娯楽も消滅してること知ってますか?

おはようございます! Akiです。( おとな研究所 編集長 ) 今日も少し雑談チックですが、雑談と言うより愚痴に近いかも知れません。笑 政府は昨日夜に、9都道府県に発令中で今月末に解除予定だった緊急事態宣言を、来月20日まで延長することを決定しました。 政府 緊急事態宣言 延長決定 ワクチン接種加速 感染抑え込みへ NHK またか…って感じなのは言うまでもないのですが、 正直しんどいです。ほんと。 僕は今高校3年生で、文化系の部活に所属していますが 緊急事態宣言、年度が始まる前から発令していたので高3になってから 1度も部活してません 。(マジ) もちろん部活によっては活動できている所もあるのですが、言っても高校最高学年。活動できる期間も時間も限られています。 学校が時差登校・短縮授業になっているのは有難いのですが、未だにグループワークなどの活動が出来ないのももどかしいです。 ◇ そして何より娯楽ですよね。 何につけても、時短・休業。いやもちろん大切なことなのですが、特に東京都は厳しく、息苦しさまで感じました。 ちなみに東京都は百貨店や映画館に独自に出していた休業要請を緩和するとのこと。効果があったのか正直謎ですが、ホッとしています。笑 何が言いたいのかと言うと、 オリンピックが出来るのになんでこんな高校生は我慢してるんじゃ!! ってこと。別に個人的にはオリンピックをしようとしまいとどちらでもいいですが(おい) オリンピックが出来るなら ・部活 ・映画 ・会食 ・百貨店 ・博物館、美術館 ・授業中のグループワーク もできていいと思いませんか!! 人間、我慢我慢だと本当に疲れます。 特に高校生。 この1年間、慣れるどころか虚しさが増すばかりなんですよね… ◇ しかしまあ、愚痴ばかり言っていても仕方ない気もするわけです。 言っといてなんだけど。 この時期にしかできないことをするしかないのかなーとか思いつつ。 乱発・延長してたらそりゃ緊急事態宣言は「緊急」じゃなくなるし、国会でやってることが高橋洋一さんのツイート追求なんだから、政治不信は高まるばかり。 関連記事:   髙橋洋一氏の「さざ波」ツイートを政局に利用するな! 色々冷静に考えて、自分のできることをやりたいなって思いました。 というわけで今日も程度の低い雑談になってしまいましたが、ブログ更新完了!(死) みなさん

【雑談】投票率が半分を切り、SDGsが幅を利かせる今こそ考えたい「民主主義」の意義。

イメージ
おはようございます! Akiです。( おとな研究所 編集長 ) 1ヶ月半振り の個人ブログ更新。 " あれ、個人ブログってどんな感じで書いてたっけ "とか考えて、過去の記事読んだりしてました。笑 Twitterには常時生息してるんですが、色々忙しいと個人ブログの優先順位下がっちゃうんですよねー。 さてさてそんな話はさておき 2日前、ようやく 定期試験が終わりました 。 実はその1ヶ月前にも試験があり、しかも1ヶ月後にまた試験があるという、高3は春から夏にかけての試験ラッシュ真っ只中ですw 試験というのは退屈なんですが、実は普通の学校よりも早く帰れたりして、お得なこともあります(?) ちゃんと勉強しろって話なんですけどね。 2週間くらい(一応)テストモードだったので、自分の おとな研究所 への記事投稿はおやすみしていました。(来週から復帰します!) そこで、最近頻度が増えているのが「 ゲストライター 」の皆さんの記事。 おとな研究所では「 寄稿フォーム 」を設け、誰でも気軽に記事投稿ができるようになっています。 この寄稿フォームから応募があった記事を、編集部で微調整して投稿させてもらっているのですが、 そんな寄稿記事のうち、先日投稿されたのがコチラ。 寄稿しました〜、ぜひ一度読んでみてください! 「自由と民主主義」という宗教 -あなたにこの2つを疑うことはできるか https://t.co/NHovumtpMe @otonaken_ より — グロタンディーク (@test290380674) May 27, 2021 なかなか刺激的なタイトルですが、内容はもっと凄い。 ぜひ読んでいただきたいのですが、まさに「 民主主義への挑戦 」とも言えるものです。 内容の是非はともかく、この種の問題提起はなかなかできるものではないので、編集中何度も読み直しては身震いしました。 ◇ 民主主義が完璧だとは、僕も思えなかったりします。 応援している政治家さんの政治活動なんかをお手伝いするとき さほど長い時間やっているというわけではないのに、罵倒されたり嫌な気分になったりすることは日常茶飯事です。 そこには普通の人が持つ「 政治家=悪者 」「 政治に関わっている人=ヤバイ奴 」みたいなのがあるんですよね。そしてこれはどうにもできない。 でもそう言う人が同時に「日本

【報告】Twitter休止します&おとな研究所のお仕事をお休みします

本当は自分がすごく不器用で、 強がりで、意地っ張りなことはよく分かっているつもりだったのですが 自分が立ち上げて、ずっと抱えてきた大切なものを愚弄されたり揶揄されて、感情を抑えられなくなってしまったことが本当に悔しいです。 事情をご存知ない方には本当に申し訳ないです。 既に個人の都合でお休み頂くことにはなっていたのですが、おとな研究所の編集長をしばらくの間お休みさせていただきます。 また、Twitterのアカウントもしばらくの間ログアウトさせていただきます。 自分や自分の抱えているもの、そして自分の未来をしっかりと見つめ直して、 本当に大切なことを考える時間にしたいと思います。 急な報告となってしまい本当に申し訳ございません。

【報告】あたらしい党学生部を退部しました。

イメージ
  おはようございます。Akiです。( おとな研究所 編集長 ) 本来であれば1週間前に報告するところを、バタバタしてしまったため遅れてしまいました。 長くなりますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 タイトルにもある通りですが、先週18日付で、所属していた「 あたらしい党学生部」を退部させていただきました 。 退部届(一部編集) ◇ 2019年初頭にオンラインサロン党友として参加した「 あたらしい党 」。 音喜多駿さんが2018年末に結成した政党です。その頃中学3年生だった僕は、政治どころか人生に絶望していました。笑 先日ある方とお話していた時に、こんな話題になりました。 「今の日本の政治には期待できないけど、未来の日本の政治には期待できるよね。」 音喜多駿 さんという人は、僕にそう思わせてくれた人です。 あたらしい党が結党された時の感覚は、今も忘れられません。 「あたらしい政治が本当に始まるんだ」とホンキで思いました。 2019年夏、当時の部長が立ち上げた「 あたらしい党学生部 」に、僕も結成メンバーとして参加。 以来、様々な活動をさせていただきました。 党のYouTubeチャンネル運営、動画編集、政治活動…どれも代えがたい経験です。 こんな僕に活動の場を与えてくださった事務局のみなさんや特別党員のみなさんには感謝しかありません。本当にありがとうございました。 ◇ 1年前からは、副部長としても活動させていただきました。 あたらしい党の向かう方向を一つ一つ見つめながら、活動してきたのですが どこかで限界を感じていたのかもしれません。 まずは、僕自身のこと。 もともと調子が良いときと悪いときが激しいので、昨年度は進級が危うくなるほど学校に行けていませんでした。体調面でのキャパシティというのは常に意識しています。 そういったなかで、1年前から始めた「おとな研究所」のお仕事が、僕の中での優先順位が高くなりました。 さらに、来年度は高校3年生。大学進学を見据えて勉強を第一に行っていく時期でもあります。 そういったなかで、あたらしい党学生部が負担になっていたわけでは決して無いのですが、やはり「副部長」「部長代行」といった肩書で活動することは難しくなったのも事実です。 そして、党の変化。 様々な経緯の中で、音喜多駿代表が辞任&党友への移籍ということになってしまったのは、

【おとな研イベント】違いを越えて共有できるものを見つけたいよね、という話。

イメージ
  おはようございます! Akiです。( おとな研究所 編集長) 昨日の夜は、告知していたとおり「 れいわ新選組若者勝手連 」代表の かもめん さんと、おとな研究所公式YouTubeチャンネルで 対談LIVE させていただきました…!! 【対談終了】おとな研究所と「れいわ新選組若者勝手連」の共同イベント、先程終了しました! とても楽しい対談になりました。ありがとうございました! pic.twitter.com/ZQHu7QAl9O — おとな研究所(ネットメディア) (@otonaken_) February 20, 2021 アーカイブ↓ トラブル続きだったのは本当に申し訳ないです。。 ↑何人かに増える編集長part1 ↑何人かに増える編集長part2 合計2時間近くに及ぶ対談。 事前にお話することはいくつかリストアップしてはいたものの、分野としては相当多くに触れることができたのではないかと思っています。 配信でもお話しましたが、 実は「おとな研究所」最初の記事は、れいわ新選組若者勝手連さんへの取材記事でした。 参考→ 若者を魅了する"れいわ"とは これ以降も折に触れて様々なやり取りをさせていただいてきたかもめんさん。 政治思想の違いや支持党派の違いはあれど、落ち合える部分は少なくないのかな、なんてことも正直感じるときが多いです。 北区赤羽わず。あたらしい党の音喜多さんと佐藤ことさんを発見。 いろいろ話して仲直りしました😊 政治を面白く! 都民だから、都知事選出る小野さんの街宣も聞いてきた。ちゃんと選ばないとね。 pic.twitter.com/Uqu4d5coYS — 増岡鴎汰feat.かもめん (@kamomendegowasu) June 14, 2020 ↑懐かしき都知事選・都議補選… おとな研究所絡みでもそうじゃなくても、支持政党の違いは人間関係なんかにもモロに影響する超絶危険物。 しかしだからといって「全く触れない」というのも違うのかな、なんて思うわけです。 政治家さんたちにはもちろん、選挙の際に掲げていた政策を実現するために、時には党派を超えた議論も行って頂きたいのですが、 私達一般の有権者や支持者同士で考え方を共有し、議論することも大切です。 当然そういうことをすれば同じ部分、違う部分が必ず出てくるのですが 最終的な部分

【告知】明後日8時から、かもめんさんと対談します!

イメージ
  おはようございます!Akiです。 地味に久々のブログ更新ですね笑 色々書きたかったのですが、気乗りしなくて。。(ただの言い訳) 個人ブログの更新はめちゃくちゃ亀ですが、 おとな研究所の記事はそこそこ更新しているのでぜひ見てやってください! Akiの記事一覧(おとな研究所) さて今日は、告知をさせていただきます!! といっても既に公開されていますが。。 【告知】おとな研究所主催で、れいわ新選組若者勝手連代表のかもめんさん @kamomendegowasu と、おとな研究所編集長のAki @aki_newparty が対談! ぜひお楽しみに!! LIVEのURLはこちら⤵︎ ︎ https://t.co/dXjY2Ql9Gn pic.twitter.com/mWiPPTtM6M — おとな研究所(ネットメディア) (@otonaken_) February 10, 2021 れいわ新選組若者勝手連・代表の 「 かもめん 」さんとYouTubeLiveで対談させていただきます!! 日時は明後日20日の20時から! リアルも含めて、割と久しぶりにお話できるので結構楽しみなのです(*´﹃`*) ライブはこちらから始まります↓ この対談、一部からはそこそこの驚き(?)があったようですが 実は「 おとな研究所 」と「 れいわ新選組若者勝手連 」は そこそこ深い縁があるのです。。 火花を散らす討論、というよりは ゆるい雑談と考えていただければ僕としても気が楽ですね!!(おい) ぜひお楽しみにしていただければと考えています。 あ、チャンネル登録もよろしくおねがいしますね。 このイベントを機に、おとな研究所としてもイベントをどんどん打っていければいいなと考えています。 なにげにそろそろ一周年を迎えそうなおとな研究所。 まだまだ走り続けますので、これからもよろしくおねがいします。 では、今日も頑張っていきましょう!