投稿

あたらしい党がアツい!!あた党学生部についても。

イメージ
あけましておめでとうございます!! だいぶ遅めですね。笑 本当は新年もっと早いうちにブログを書いて置く予定だったのですが、「明日やろう明日やろう」と思ううちに2週間以上経ってしまいました💦 新年早速、僕の周りでいろんなことが変わりました。 まずは個人的なことで言うと、髪を切りました。笑 髪を切ってきましたぞ…ゴゴゴ… pic.twitter.com/MBiAJkiMyU — Aki-あき │ おとな研究所 (@aki_newparty) January 7, 2021 12月にお会いした方はご存知だと思うんですが、もともと僕 めちゃくちゃ髪長かったんですよね。。 スッキリできてよかったです。 ◇ また、おとな研究所関連では 新たに二人の方をお迎えすることになりました。。 【あけおめ重大発表】 pic.twitter.com/pqk7ux93gL — 【公式】おとな研究所 (@otonaken_) December 31, 2020 まりもさんについては、すでに2本記事を書いてくださっています。 ぜひご覧ください!! まりもさんの記事一覧(おとな研究所) もちろん、僕個人としてもおとな研の記事投稿頑張ってます! 今年はすでに2本記事を投稿していて、新たなシリーズもはじめました!! 「KOKKAI-204」 今日から始まる通常国会の解説記事を上げていきます。 今日の記事もお楽しみに、、、笑 ◇ まあそんな感じで若干宣伝も込み込みの近況は紹介できたところで、 昨日はだいぶビッグなニュースが飛び込んできました。 なんと僕が学生部に所属している「あたらしい党」の公認で 今月末に投開票される東京都の千代田区議会議員補欠選挙に立候補される方が発表されたのです!! 【2021年千代田区議補選 公認候補予定者決定!】 あたらしい党は、1月31日投開票予定の千代田区議会議員補欠選挙に向け、 梅田なつき @natsuki_jsk を「千代田区政対策委員」として決定しました。 受動喫煙対策の活動に携わった強みを活かして、区民の命と健康を守る、開かれた区政を目指します! pic.twitter.com/Wzm1XR2AIE — あたらしい党🐧 (@newparty_jp) January 17, 2021 梅田さんは僕も何回かお目にかかったことがある(ハズ。。覚えてくださっ

確かに大きく進歩できました。2020年、思い描いた日々でなくても。

イメージ
  こんばんは、Akiです。 2020年も残すところ1時間になりました。 結局そんなにブログ更新ができなかったので、久しぶりに記事を書きます。笑 軽く、2020年を振り返ってみます。 本当に色々なことが続いた1年間でした。 2020年1月は、音喜多さんにはじめて超超間近でお会いできた月でした。 やっぱりかっこいいですね。。。 憧れの人と会うことができてとても興奮したのを覚えています。 また、政治活動も元気にやってました笑 しかしこのころから既に、中国武漢で新型コロナウイルスの拡大がはじまっていたんですね。 2月に入ってからは音喜多さんの国政報告会にお出かけをしたりしていましたが、このころには既に店頭からマスクが消えたりしていた記憶があります。 3月に入り、学年末試験を実施していた期間に僕の学校は突如「休校」を決めました。 この時期には僕が学生部で副部長を務めている「あたらしい党」で代表選挙があり、僕個人としては当時橋本ゆきさんを応援させていただきました。 またこの時期には、不登校だった時期が多かったことが祟り、進級が危うくなってもいましたが、なんとか進級することができて高校2年生となることができました。 以降、年度が明けた4月からは本格的にステイホームでしたね。。。 ◇ あ、大切なことを忘れていました!! 3月には「おとな研究所」がスタートしました。。 経緯はこちらの記事をご覧ください! 【パロディ作られたので】「おとな研究所」命名秘話を大公開! 当時思い描いた構想通りに進化し続けていますね。。 (今後のおとな研については後述) ◇ 5月、6月も同様にステイホームな日が続いていましたが 夏の都議補選に向けて、ごくたまに北区にお邪魔したりもしてました。 回数を追うごとにビラ配りも慣れてくるものですね笑 そして都議補選・都知事選本チャンの際には、維新あたらしい党の佐藤ことさんや小野泰輔さんを追ってました!! 選挙活動はできないので、おとな研究所の取材名目で。。笑 やっぱり一生懸命活動している候補者さんは美しいですね。。 お二人ともそれぞれ現在は衆院支部長・都政委員ですので、引き続き応援させていただきます!! また、この頃から在宅授業が終了し、少しずつ登校できる日が戻ってきました。 そんな影響もあって夏休みも気持ち短かったのですが、国会見学など、意外と充実した日々を過ごし

【中央区なら懲罰】テスト期間に書いた記事が伸びた話

イメージ
おはようございます、Akiです。 はい、、テスト期間です。笑 月曜からで、今日が最終日の5日間でしたが いやあヤバいです!! 正直舐めてました…範囲も広いし難しいし。。 数学とか物理とか、理系教科はかなり悲惨です(´;ω;`) ◇ まあそんな状況にもかかわらず、記事を書いてバズるとか、 中央区なら懲罰ですね!! 中央区議会で前代未聞の懲罰 ―「いじめそのもの」 by Aki @aki_newparty 東京都中央区議会で、表現の自由と民主主義に対する挑戦が公然と行われました😠 旧態依然とした密室政治は、私たちにとって脅威です。 #おとな研究所 #中央区だったら懲罰されていた #表現の自由 https://t.co/lNzlfmBc7G — 【公式】おとな研究所▷2.0 (@otonaken_) December 3, 2020 はいその話です。 言いたいことは記事で全部書くことができましたが、 多くの反響がありました。今回の高橋さんに対する言論弾圧が、少しでも多くの人にわかりやすく広まっていればいいなと思っています。 このツイートは、あのおぎの稔大田区議にRTしていただいたほか、 5年以上前に港区議会でも異常なメディア取材の制限をかける議長通達があったが、都心の区議会でも実態は「村議会」というのがある。これもそれも一般の区民どころかメディアの記者も日頃ウォッチしていないからで、議会の古狸たちのムラ社会論理でやり放題。 https://t.co/dkreSUnG20 — 新田哲史 (@TetsuNitta) December 3, 2020 なんでこれが懲罰? こんなことしてたら滅びるよ 中央区議会で前代未聞の懲罰 ―「いじめそのもの」 | おとな研究所 https://t.co/iYfZko3YSY — Isseki Nagae/永江一石@「虎の穴」 (@Isseki3) December 3, 2020 嫌悪感しかない卑劣な言論弾圧、まさにいじめ行為だが、高橋元気議員にとっては何のマイナスにもなってないし、むしろ有名になった。 自民党もこの手のいじめに加担していたのであれば、極めて残念だ。一般市民に受け入れられないし、スラップ訴訟による言論弾圧者と大差ない https://t.co/DviXPTrBXo — 神戸市会議員 岡田ゆうじ🛡️ (@oka

テスト前なのに体調が優れない件&学生部イベント

おはようございます☀️🌱 Akiです。 ブログデザイン変えたので、前よりも更新しやすくなった気がします笑 これからもできるだけ毎日投稿しよっかな… ただまあ テスト直前 ということで、低クオリティなのはお許しください。 今日も雑談です。 ◇ 体調が悪い です。笑 実は昨日、学校で数学の授業中急に気持ち悪くなり、トイレでお昼を全部戻してしまいました…(汚い話でごめんなさい) その後もずっと体調が優れず、放課後しばらく保健室でお休みしてました。 原因は明らかにここ最近の 不眠 なんですよね。。 元々体力がそんなに無いので体調は崩しやすかったのですが、あんまり寝ていない上に カフェインでそれを誤魔化そうとしてエナジードリンクとコーヒーを飲みすぎちゃったカンジですね。 本当に良くないなとは思います。何しろテスト前なので。 ただこう体調が悪いと、気持ちも後ろ向きになって更に活動が減る…という悪循環。 どうにかしたいです笑 愚痴愚痴言っていても仕方ないので、来週のテストに向けてしっかりと準備します。 ◇ 全然関係ないのですが、今日の20時から維新の品川区議・松本ときひろさんをお招きした 関東学生部主催の座談会があります。 学生部座談会、明日です! 表現の自由の方は、不健全図書指定、ゲーム規制条例、太秦萌、シャルリーエブド、ゲソ法、キズナアイ、新橋ED看板、山本太郎氏戎橋街宣、表現の不自由展、アーツカウンシル、アベノマスクブラ、プラットフォーム規制、米通信品位法230条等々時間内にまず収まらない…。 https://t.co/ZF5V52ctJM — 松本ときひろ 弁護士 品川区議会議員 (@matsumoto_toki) November 27, 2020 僕としては関東学生部に入部してから初のオンラインイベント。 テスト勉強しながら聞きたいなと思っています。 松本さんと初めてお会いしたのは、2019年のコミケ街宣の時だったと思います… 表現の自由について、冷静かつ現実的に問題点を指摘される姿勢にとても尊敬している政治家さんのおひとり。 今回の座談会でも表現の自由については様々なお話が聞けると思うので、とても楽しみです☺️ 関東学生部に入ってからそんなに経っていませんが、既に多くの刺激を貰ってます。 僕も今後、積極的にコミットしていきたいです。 テスト、頑張りますよ。笑 で

ブログのデザイン変えました&テストがはじまります

おはようございます☀️ Akiです。 久々にスマホからの投稿です。 もう既にお気づきだとは思いますが… ブログのデザインを変えました!! 前よりも見やすくなった…(かな?) しばらく変えていなかったので、より見やすい感じにしました。 細かいところも色々変えたので、良かったらゆっくり見てやってください(*^^*) さて、テストです(絶望) もう来週からですよ。。 つい先日までおとな研究所2.0の準備をしていたこともあり、あんまり本腰を入れて勉強できていないので、今後はしっかりとやっていきたいと思います。 テストが終われば年末だ!! 頑張ります笑 では、また。

【進化】おとな研、ミーティング。今後どうなるのか...?!

イメージ
  おはようございます!! Akiです。 実は実は、 来週あたりに定期試験が迫っております ☆(・ω<) いやあ、 やばいですねえ。数Ⅱとか完全に舐めてござんした。 もちろん頑張りますよ(震) え、 ブログなんか書いている暇ない って? 息抜きです息抜き!! テスト勉強漬けだと疲れますよ...( テスト勉強漬けだとは言ってない ) ◇ さてさて昨日の夜は、久しぶりに 僕が編集長を務めている 「 おとな研究所 」のミーティング でした!! Zoomでの開催だったのですが、 僕のWi-Fi環境が悪すぎ てメンバーの皆さんにはご迷惑をおかけしました... なんとか話し合いたかった話題もすべてこなすことができて、まとめ資料もこの通り☆ 凝ってみたんですが、 プリントの上のところにおとな研のロゴを配置 。笑 こういうの結構楽しいんですよね。 ただもちろん、やっていることは メディア運営&組織運営 。 そこそこ難しいこともしばしばです。 ミーティングでも言ったことですが、おとな研究所は 「この僕」が運営しているとは思えないほど、素晴らしい記事やライターの皆さんに恵まれています。 おとな研究所のメンバーはもちろん、いつも読んでくださっている方、応援してくださっている方のおかげです。 いつも本当にありがとうございます。 ◇ さて、そんなおとな研究所ですが 実は 重大発表 があるんです。。笑 こちらをご覧ください!! そうなんです、連休明けの明後日、待ちに待った「 おとな研究所2.0 」が始動します!! と言われても。。 という方も多いと思いますが、 その内容については 当日までの秘密 、ということでお願いします笑 いずれにしても、いつも読んでくださる方であれば喜んでいただけるのではないかなと思っています! この機会に、 公式Twitter のフォローや 公式LINE のアカウント追加などもよろしくお願いします!! では、また。

【報告】日本維新の会 関東学生部に入部しました。

イメージ
こんばんは~!! 久々のブログ更新です笑 色んな人に「ブログ更新しなよ!!」と言われるのですが、実際なかなか更新してないんですよね。。 せめて週1,2回は投稿できるように頑張っていきたいです。 実は今月でこの「Akiの追憶ブログ」も1周年!! 時の流れの速さを感じますね。 ◇ 今日は大切なお知らせ、ということで Coming Soon... pic.twitter.com/0V7msTUZRV — Aki🐧あき|おとな研究所 (@aki_newparty) November 12, 2020 わざわざお知らせツイートまでしたのに、投稿が遅くなってしまい本当に申し訳ございませんでした。 タイトルの通りです。 本日 2020年11月15日 付をもって、僕Akiこと清水は、「 日本維新の会 関東学生部 」に入部させていただく運びとなりました。 外部リンク: 日本維新の会学生部 実はこのお知らせツイートをした時点で先方の部長が入部の手はずは整えてくださっていたのですが、正式な書類を今日出すことができたので、本日をもっての報告とさせていただいた次第です。 以下、入部に至った経緯やその理由について、説明させていただきます。 少々長いですが、お付き合いいただければ幸いです。 ◇ まず、僕はもともと日本維新の会の友党である「 あたらしい党 」と、その学生組織である「あたらしい党学生部」に所属していました。党には昨年度から、学生部には昨年夏からの参加です。 以降もあたらしい党学生部員として、そして今年度からは副部長として、様々な活動をさせていただいてきました。 もともとあたらしい党は、創業者であり代表の 音喜多駿 参議院議員が都議時代に立ち上げられた政党ですが、昨年夏の参議院議員選挙に「日本維新の会」公認候補として出馬され、当選されたことで、両党は「友党」という関係になったのでした。 僕があたらしい党学生部に入部したのは参議院選挙後のことだったので、日本維新の会の存在はもちろん、学生部の存在もよく知っていました。 しかし当初は、「日本維新の会」について、必ずしも良いイメージばかりではなかったことも事実です。 維新の看板政策であった「大阪都構想」はもちろん、中心となる考え方の多くには賛成でしたが、国政におけるスタンスや所属議員の発言・行動に首をかしげざるを得ない時も少なくありません